第11期川の学校

2011年10月18日 (火)

第11期川の学校・第3回レポート(鮎喰川)

10月の鮎喰川キャンプの報告をします。
僕・たくやは事情があって3日目しか参加できなかったので、
僕が書くのは他のスタッフから聞いたことが多くなりますがご勘弁を。
その前に、少し話はさかのぼります。

8月の同窓会キャンプの時、あき(6期卒業生、高校1年生)が
私もう、子どもの気持ちで川に入れなくなってしまった」とつぶやきました。
彼女は今年の高校生スタッフです。
「川がつまらなくなった」ということではもちろんなくて、
ほかの参加者や子どもたちをみる視線が、川で遊ぶみんなを見守る視線に変わってしまったという意味合いのようでした。

川ガキの時のあきはとにかくうるさくて、
やたらスタッフの帽子やらサングラスやらを取ろうとする子どもでした。

今年の川の学校にも、僕の帽子を奪おうとする子どもがいます。
朝、僕はニット帽を奪われ、「返せ」と追い掛けまわしていた時、
横でスレンダーな高校生になったあきが眠たそうにしているのをみて、
あいつも成長したものだ、としみじみ思ったのでした。

駄文でした。でも川ガキブログなので、高校生のこと書かないといけないかなと思って。


今回の川の学校は3日とも晴天!
1、2日目は、飛び込み、堰下での潜り、
カヌーで上流へのぼって行く探検や、やっぴーが持ってきたスタンドアップパドルボードが人気を集めていたそうです。


  Pa090029Pa090031Pa100053_2
Ei082379_2 Ei102402Ei082389_2Ei082387_3


僕が到着したのは2日目深夜。
すぐに寝て次の朝、目覚めた僕に早々、
Ei082381_2 11期のけいたが「でっかいナマズついた!」とうれしそうに伝えてきました。
「すごいなあ」と感心していたら、
高校生スタッフのくらけん6期生、高校1年生)が「僕58センチの捕った!」
けいたよりもっとうれしそうな笑顔。
加えて、あきも1匹突いたのだそうです。

2人の証言をつなげると、こうなります。



(あき談)

Ei102396 「2日目の午前、堰の下のでっかーいアスファルトの塊の下に"ナマズが6匹おる(゜∇゜)"わたるがみんなに教えてくれたん。
一回みんなで追い込んで突こうってなったんやけど、上手くいかず。


その後も寒いし、結構深い所でみんなあんま潜れんしで、子どもは突けんくて。
"高校生のあきがお手本で突いてこーい笑"みたいなノリになって、
ノリだったハズなのにいざナマズを目の前にすると興奮w

”あぁ、ナマズってこんなに簡単に突けるのね”
って突いた瞬間は思ったわ(=ω=)w

子どもたちはナマズにわぁーっと群がって、しばらく釘付け。
誰だったか男の子は、ひたすら触りよった。」

そこにくらけんが登場したのだという。


(くらけん談)

Ei082382 「俺はカヌー班だったんやけどむーみんに頼まれて、突き班の写真を撮りに堰下に行った。
そしたらみんな川から上がってて、
仕方ないからあきが突いた鯰を撮ってたら、わたるが「川ガキの先輩としてなんか突いてこい」と言うので(笑)
あきと一緒に潜って探してたら、
見事にでかい鯰が岩の下におって反射的にブスッっと突いてしまいました。

子どもの反応は「でっかー」とか「触っていい?」等々。
目を輝かせていました!!

今まで鮎とかウグイとかは突いたことあるけど、
鯰は突いたことが無かったからモリへの振動にビックリした~

もちろん突くんも楽しいかったけど、
やピ先生ご指導の下、鯰を三枚におろすんも楽しかった!!」

どちらも、黒幕はわたる(1期生、大学4年)のようです。
なかなか頼れるお兄さんみたいですね。

このできごとをふりかえり、
たつろうさんフリースクールTOEC代表)は、「そうやって場の雰囲気が盛り上がるっていいよね」。

僕も3日目、下流の堰に行って遊びました。
堰の上に立って、その段差から1・5メートルくらい下にある水面をのぞき込むと、
輝いている水の青さにひきこまれます。


堰の幅はだいたい幅100メートルくらい。
その上を薄く水が流れていて、段差から下に落ち込んでいます。
滝の裏側に潜り込むように、堰から落ち込む水の裏側に入るとそこは水のトンネルみたいです

奥を探っていくと、堰本体の下に1人づつやっと通れるくらいの入り口。
中は10人は軽く入れる洞窟のようになっていて、
見つけた11期生のチョコといっしょに「すげえ」と言って驚きました。


この後あったのが、川の学校チーム対抗カヌー大会!
スタッフも子どもも2チームに分かれてリレーです。

右へ左へ迷走する川ガキもいれば、MVPの11期生とっくはやたら早かったり。
頭にバンダナを巻いて昭和のアイドルに扮したわっきー11期スタッフ)の応援など、とても盛り上がりました。
Pa090018Pa100058_2Pa090023
Ei102404Pa080006_2Pa080011

次回は今年の最終回。
夏が始まって、終わるなんてあっという間だね。
そうやっていろんなことを思い出しながら1年、また1年。

次回も良い天気で、気持ちよーく遊べますように!

Byたくや(1期生)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

第11期・第1回目キャンプレポート

川の学校 第11期
1回目@穴吹川 レポート

前回雨のため流れた11期川の学校始まりました!

土曜日はええ天気。
フィールドの下見やら設営の残りやらをしている間に川ガキたちが
集まってきました。
0回目来てた子もおったみたいでスタッフと仲良く話してる子もおりました。

全員集まったところでいよいよ開校式。
校長先生の話や講師さんの紹介があったあとスタッフ・班紹介をしてテント設営。
「早く川入りたい!」とぶつぶついいながらみんな好きなところにテントたてて
おいしいおいしいお昼を食べてついに川へ!
みんなそれぞれ好きな川遊びをして晩御飯を食べた後は辰野さんと大熊さんの夜話!
終わったあとは川の学校恒例の夜更かし★
竹で水鉄砲作ってる子とかお絵かきしてる子とかおったね。


日曜日もええ天気。
マーキーの下で寝てたうちは寒すぎて起きました;
川ガキの朝は早い。
みんな5時半やったけど起きてた!
わっきー班が作った朝ごはん食べたら川へ。
午前・午後とも存分遊びました。
飛び込みでは男の子が回転して飛んでみたり、胡坐かいて飛んでみたり。
みんなレベルが高い!
女の子は怖い怖い言うてたけどやっぱり川ガキ。
最終的には開き直って勢いよく飛んでた(笑)
晩御飯はあさだ班が作ったの食べて、わんわんとカブトムシ取りに行く班やら
釣りする班やら陸で遊ぶ班やらいろいろ。
お昼にもらった肥後の守使ってクラフトやってる子もおったねー
夜更かしする子あんまおらんかったな~。


月曜日は朝から雨。
またまたマーキーの下で寝とったうちは雨で寝袋とか全身びちょびちょ。
朝は急遽川原のマーキーとテントの撤去。
子どもらとたくやの新居にお邪魔して遅い朝ご飯食べて川で遊べん状態やったから
解散となりました。
遊べんかったんは残念やったけど濃い3日間過ごせました。
子どもたちかわいすぎる!
次回はもっといっぱい遊べるといいなー
次回は土佐町。
ちゃんと晴れるかな。
誰かてるてる坊主作って~(笑)

pencilはな(4期生)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

第11期・第5回研修レポート

11期川の学校 研修第5回 レポート

645

研修もいよいよ最後!

5回目の研修を迎えました!!

今回の研修は、川遊びよりも、来週のキャンプをどんなふうにするかを話し合ったり、普通救命講習を受けたり、来週から来る子どものみんなを迎える準備を整えるのがメイン!

まずは備品のチェック。

川の学校にはいろんなテントや、遊び道具がめーっちゃあります!

でも中には、長いこと使っているから壊れかけているものも。すべての備品をチェックするのも一苦労。でもこれも川の学校を成功させるために必要なこと!みんな大事に使ってほしいね~。

その後、徳島市内の消防署で、普通救命講習を受けました!

ケガした時の対処法や、AEDの使い方、もしものときの心臓マッサージの方法などをしっかり3時間教えて頂きました!!

普通救命講習の内容も、意外と変わってるもんなんやねー。興味がある人は数年おきに受けるといいみたい。川の学校スタッフは、この講習を必ず受けることになっています!

夜はエビとり!

20時ごろ、ぞろぞろ第十堰の南岸のテトラへ。ヘッドライトをつけて歩く姿はちょっとアヤシイ…。

少し増水していたし、時期も早いから、エビあまりいないかな~と心配してたけど、いるいる!!めでたくスタッフみんなテナガエビとって、帰って揚げて食べました。エビおいしい!

翌日は、第十堰より上流にある高瀬の潜水橋へ。ここでは、橋から飛び込みをしたり、投げ釣りをしたりすることができます。それぞれニガテな遊びをおさらい。全員で、スローロープを投げて溺れている人の救助方法も学びました。

その後は、お堰の家に帰って、来週どうする?という話し合い。キャンプ全体の流れや、11期に来る子どもみんなにどんなことを伝えればいいのか、スタッフみんなで考えます。

いよいよ来週は第1回!!

第十堰と高瀬を遊びつくす2日間になるはず!きっと最初だから緊張してるだろうけど、どんな子たちに会えるのか楽しみ。11期川の学校、始まるよ~!!

pencilえい

更新が遅くなり、ごめんなさい。お待たせしました!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月31日 (火)

【11期】 研修3回目

今回の研修は
3回目の研修だけでなく

10期川の学校同窓会   をかねていました。

ということで今回の研修では11期川の学校で初めて川がきが来ました~。

さてさて、1日目は
6期川ガキの高校生スタッフがそろったせいなのか曇り
10時に小畠家集合!!
みんなで積み込み開始~
積み込みなんかパッパッと終わって善入島に
Let's go !!

同窓会は2日目からなので1日目はがっちり研修しました~!!(笑)
キャンプ地に着いたら
まずはテント設営
前の研修のおさらい!!

建ててみると案外覚えてないことが多いね!!(笑)
次はキャンプ地から8キロ上流にカヌーと共に移動してカヌーツーリング!!
最初はみんなと水を掛け合い楽しんでいましたが…
終盤はクタクタになって
死にそうになってしまいました…(笑)

さてさて日も暮れて夜になり
十角の中でみんなで竹クラフト!!

みんな少ない時間のなかで思い思いの
物を作っていましたね~。

2日目は晴れ
朝一で昨日の夕方に仕掛けていたぶっこみをみんなで取りに潜水橋に
すると潜水橋の上で
「ほきゃぁ」と言うほかちゃんの鳴き声が!!(笑)

なんと
ほかちゃんの仕掛けにでっかいナマズが!!
そんなこんなでお昼になりいよいよ10期の川ガキが

僕は、はなと一緒に受付をしましたが
いやぁ
さすが川ガキ元気だねぇ。

と、ここで野田さん登場
みんなが集まったところでテント設営をして
待ちに待った川に突撃だ~!!(笑)みんな川での遊び方を知っているので
カヌー、飛び込み、ガサガサ、等々思い思いのことをやっていました。

日も暮れてきてみんなで
トークtime
善入寺は周りに民家がないので遅くまで騒いでも大丈夫なんですね!!
ということで遅くまでみんなで歌ったり、怪談話をしたり
こいばなをしたり!!(笑)
キャンプの夜は時間がたつのが早いねぇ。

3日目 晴れかな?

河原で寝ていた僕は
野田さんの愛犬ハナに顔を舐められてのお目覚め(笑)

起きると川ガキたちはもう焚き火をしてます。
朝御飯を食べたら着替えて川へ!!
しかし寒いですね~
昼からは自由時間となりましたが
なんとなく河原へ行くとスタッフ達が川ガキを抱えて川へ放り込んでます。
僕も参加すると
川ガキの女の子3人組に頭から水をぶっかけられました!!(笑)

それをきっかけに川への落とし合いや
水の掛け合いが勃発
帰る格好をしていた子供やスタッフもいるのに
お構い無しに川に引きずり込んでいきずぶ濡れに!!

同窓会を最後まで楽しんでいました。

川ガキ達を見送ったあとは小畠家に行き、かたずけをして
お堰の家に行って振り返り。
今回は初めて川ガキが来たわけやけど
本番では遊び方も何も知らない子供達が来るので
そういうことを考えると改善点が色々とありました。

でも、
11期の川の学校の色がだんだん出てきたかな?

次の研修が楽しみ!!

                       report by くらけん

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

【川の学校11期】 研修 2回目

 雨の6期生のスタッフが、一人欠席のためか、雨なしで迎えられた第二回目の研修!今回は、積み込みから。十角テントの設営をしよるときも感じたけど、川ガキが思う存分遊びよる裏で、スタッフが苦労してくれよったんやなぁ。たくさんの、トトロのぬいぐるみに囲まれて食べたははのカレーが、やけにおいしかった。

 おなかいっぱいになったところで、鮎喰川入り。マーキーテント、ムーンライトテントetcの設営を覚えつつ、建てる。ロープで、おもりをくくりつけたり、テントをつなげたり。ロープ一本でも、結び方次第でいろんな使い方があるなぁと、関心。

 そして、水の中での研修START☆水の冷たいこと、冷たいこと。少ないこと、少ないこと。ガラびきは、収穫なし。(ぐすん)潜ってみると、ムッ○が腐ったような藻がいーっぱい!「も~~~~~!」という叫び声があがりました。その後は、カヌーを漕いだり、フィールドを見たり。また一人、また一人と川へ落とされていったのです。。。

 夜は、達郎さんのお話。川ガキたちが、「○○なんか死んだらいいのに」「こんなまずいもん食べれん」って言った時に、スタッフはどう対処したらいいのか。本当に子供たちの心に触れて、怒ったり、わからせるのは、正直怖いと思った。子供に受け入れてもらえんかったら、どうしようって。でも、うわべだけの言葉では子供にも伝わらんし、ちゃんと叱ってあげることで、信頼関係もできていくんだろうなぁ。自分たち、スタッフが責任をもっていかなあかんのだと思うと、「スタッフ」の肩書きが、より重く感じられた。後編も楽しみ!

 二日目。朝食の時間に、一つの事件が起こります。昨日の晩御飯の残りで、朝ごはんに登場した、おでん。人気者のたまごさんは、残り二つになっていました。そのうちの一個を、もぐもぐ食べていると、聞こえてくる叫び声。「俺のたまごを食べたんだ誰やー!」何事かと思っていると、「ごめんなさいっ。」と自白する、ほかちゃん。後になって、ようやく事態が飲み込めたアタクシは、ぼそっと一言。「あきもたまご食べたんよなぁー(苦笑)」時々、誰よりも子供のような一面を見せる大人が、川の学校にはいるんです。

 気を取り直して、私的に一番楽しかった、釣り。ただじーっと魚を待つだけではなくって、魚との駆け引きとか、結構頭を使うのが、おもしろくて。my worldに入り浸ってしまいました。釣りは釣れなくても、楽しめるんです!仕掛けの作り方、覚えなくっちゃ。

 時間が過ぎるのは早いもので、荷物を撤収して、鮎喰川にさようならする時間。小畠家で片付けが終わったときには、17時を過ぎていました。

 第一回の研修には参加できず、初参加となった、今回の研修。遠慮する…はずもなく、すぐにみんなと馴染めてよかった。高校生スタッフになった動機は、スタッフの方が、子供よりも楽しそうだったから。でも、その楽しさの裏には、川ガキ時代想像していなかった、苦労があって。「それを乗り越えてこその、本当の楽しさを味わいたい!」という思いが、より一層強くなった、今回の研修でありました。スタッフの数はとーっても少ないけど、みんなでいい「川の学校11期」をつくっていきたいなぁ。次回の研修も、楽しみ!


                                       あき 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2011年5月23日 (月)

【川の学校11期】 研修1回目

いつの間にか5月ももうおわりそう・・・

川の学校11期始まってます!みんなから研修レポートをもらっているのになかなかUPできずに申し訳ありません!まだ写真を手に入れてないのですが、わたるの1回目のレポートUPです!!このあとに高校生スタッフあき の2回目レポートもUPします!

11期も素敵なことになってるみたいですよ~♪

それでは、お楽しみください^^       ことこ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4月2日、3日

1日目
遂に始まった!
皆が楽しみにしていた川の学校のスタッフ研修。10期からの継続スタッフ、復活スタッフ、新人スタッフ、高校生スタッフ、総勢25名はこの日が今か今かと心踊らせておったのですよ。

午前中はお堰にて顔合わせ。継続スタッフが8、9割を占める中、新スタッフ わっきー、ゆい。元川ガキ はなと新高校生スタッフコンビ(くらけん、はた)がいました。彼らが川の学校の新しい風です。
新スタッフには今回の研修には来れていない人もいるのでまだまだ11期川の学校は可能性に満ちあふれています。

午前の自己紹介と川の学校が何故できたかというちちからのありがた~い講釈をみんなが「おなかすいた!」と真面目に聞いていました。

昼ごはんは親子丼。今年はみんな遠慮がちでなかなか、ご飯が減らなかった。去年とは大違いですな。

昼ごはんを食べた後は早速、カヌーに乗ります!ヤッピーの簡単カヌー講習をみんなで聞いて出航!
吉野川第十堰南岸から上堰に向かって漕ぐ。その間にも旧スタッフが新スタッフに漕ぎ方のアドバイスをしていた。
上堰でちちの講釈を聞いた後、時間の余す限りカヌーを漕いで漕いで漕ぎまくった。その中には水をかけ出す奴もいて4月の冷たい水にも関わらず川に飛び込む奴まで出てきて
「寒い!冷たい!」
と言いつつ、顔には笑顔が浮かんでいた。
わっきーとゆいは初めてのカヌーでただひたすら漕いでいて、なかなか様になっていくのである。二人は大人なんだなぁ、と思ったわたるでした。そんな風に油断していたらヤッピーの指示により高校生2人にカヌーをひっくり返されてしまってしまった。
今年からの新戦力、2tトラックにカヌーを積み込み、走ってお堰に帰る若いスタッフ衆。そこにゆいが参戦する意外な展開もございました。
帰ってからはロープワーク、2日目のための予習で釣りの仕掛け練習とランタン講習。いやぁ、教える側に今年からなったわいとしては優秀な人達ばかりで良かった。そこに新スタッフ ゴンちゃん登場。大学の入学式を終えまさに飛んできた感じやな。
晩ごはんを食べた後、DVD観賞。去年、放送された川の学校の特番から去年の写真を編集したDVDを見て「川の学校はこんなんだよ~」というのを掴んでもらえたらええな。
そして、お待ちかねの親睦会!ちちとたくやの目尻が下がって下がって。と、この場で詳しい経歴を根掘り葉掘り聞かれていく。川の学校はえらいとこや…

2日目
眠たい目をこすりながら朝食を胃に運んでいく。
この日は神山で釣りの研修。鮎喰川を遡って上流へ。
それぞれが仕掛けを作って川に投げ入れる。いち早くたくやが釣り上げたくや先生のもと、わっきーが釣り上げる。わっきーの顔は隠しきれない笑みがこぼれていて、そのポイントでわっきーは何匹も釣り上げた。そのポイントはわっきーポイントと名付けられた。
ある程度して、釣れない人、釣れてる人で別れてポイントを変えて再チャレンジ。もちろん、去年に引き続きわいは釣れていない。
自分の釣果に呆れ、他の人のサポートに周ったらゴンちゃんが釣った。釣れんわー、と諦めかけた瞬間に釣れたらしい。よくある事やね。2匹目も釣り上げた、と思ったらまさかの川に落とした。残念そうな顔にも初めての釣果に嬉しそうな顔があった。
さて、場所を最初いた場所に戻し昼ごはんの焼きそばを食べ、釣った魚を料理する。捕った魚を食べるのは川の学校の校訓みたいなもんだ。バケツには溢れんばかりの魚で賑わっていた。
その時、何人かの女性スタッフがトイレに走っていって残ったスタッフは焚き火にあたり暖まっていた。その時、わいは仕掛けがそのままのたくやの釣竿を見つけた。

やるっきゃねぇ

たくやの釣竿を拝借しみんが釣れているポイント、わっきーポイントで餌を投げる。
浮きが重りの重みで立った。
水の流れに合わせてゆったり流れる浮き。
そして、体の正面にきたくらいで浮きが沈む!
持ち上げる瞬間の魚が暴れている感触!
竿をあげ手元へと来た魚は小さいながらも釣った魚に代わりない!
平静を装いながら焚き火で暖まっている集団の横を通り過ぎる時
「うわ、あいつ釣っとるぞ」
と言われた時には満開の笑顔が咲きました。
ちち曰く
「今までで最高の笑顔」
らしい。よっぽどやね。
更に、わっきーポイントでは釣れる釣れる。4、5回はさっきの動作の繰り返し。
帰ってきた女性スタッフの一人、ゆいにも竿を渡し交代すると釣れました。まさに入れ食い。あさだなんかは根絶やしにせんかという勢いやった。

釣った魚に片栗粉をつけて油で揚げていい色合いになってきたらいただきますっ!

…んまいっ!!

自分で釣った魚は違うなぁ。
皆が食べ終わって片付けしたらちちが
「花見行こか」
まさかの花見。11年川の学校が続いてるようですが研修中に花見なんぞ初めてやって。川装備でガンガンに固めた変な集団が神山さくら祭りに出てくる異様な光景がそこにありました。
場所をお堰に移し、振り返りミーティング。おやおや、ミーティングと聞いて皆とても顔が固い。真剣というか緊張というかそんな顔しとるな。よし、わいがそんな顔をほぐしてやろうじゃないか。と、釣りで釣れてめっちゃ嬉しかったと笑顔で言えばほれ、みんな笑たわ。

しかし、のんびりとした研修だったなぁ。毎回、こんな研修だったらええな!
そういうわけにはいかないのが川の学校やけどな!

report by わたる

| コメント (0) | トラックバック (0)