川ガキのぼやき       

2016年9月15日 (木)

川ガキいろいろ会ってきたよ。

こんにちは!
同窓会の企画団体・川ネットの拓也(1期卒業生)です。

最近川の学校の卒業生や元スタッフのいろんな人に会いました。
君の知っている人も写っているかも。是非見てみてね!

<8月31日>

まずは川ネットMLでも告知した大阪飲み会。
参加者は、ワッキー(11期などスタッフ)、あや(2期卒業生、7~9期スタッフ)、きょんちゃん(14期スタッフ)、ゆりりん(3期卒業生)、たくや(僕)、さき(4期卒業生、11期他スタッフ)、くまさん(親がっぱの首領)、けん(8期卒業生)、ゆうと(3期卒業生)、けんじり(14期スタッフ)、ひらぽん(4期卒業生)、だいじ(3期卒業生、9期スタッフ)、ヤッピー(川の学校代表)の総勢13人。

僕にとってはゆりりんはほぼ初対面だし、ひらぽんは10年以上ぶりだし、ワッキーも数年ぶり。けんにもこんな時じゃないと会うことは滅多にありません。
あと、お互いに知らない人が多かったのですが、自己紹介なんかしながらわいわい飲みました。お会計したところ、ビールだけでも30杯飲んでました。

Img_7540_3
(写真は左下段からひらぽん、さき、左上段からヤッピー、きょんちゃん、けんじり、くまさん、ワッキー、だいじ、あや、ゆりりん、たくや、ゆうと)


<9月1日>
さて、翌日、僕は6、7期スタッフのおーちゃんと2人で金沢に行きました。
金沢ではなんと、卒業生のさと(6期)、ちー(7期)、つっきー(7期)の3人が大学生をしています。ちなみにさとは直島に行ってしまって不在。残念!

Img_7549


<9月2〜4日>
金沢の翌日は僕はちーを車に乗せて岐阜に移動し、親がっぱ・なおさんらの一団に合流。長良川DAYというイベントに参加してきました。川漁師をしている6期スタッフのけんぼうにも会ったよ!

こちらの詳細は僕の個人ブログに書きましたので、ぜひ読んでみてください!
http://n11t.exblog.jp/25812459/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月18日 (日)

九州川めぐりの旅〜熊本編

さて、今回は九州川めぐりの熊本編です。
4期えいが書いてます。

佐世保の後、熊本を訪ねました。熊本には2〜6期スタッフのさっかー(大倉さん)がいます。

実は私は、2年前の2013年にも熊本を訪ねてさっかーに案内してもらったことがあります。阿蘇や熊本市内の湧水プール、球磨川の荒瀬ダムを見に連れて行ってもらいました。

荒瀬ダムは、大型のダムの中では日本初の撤去が行われているダムです。もともと電力が足りないとして水力発電のために1950年代にダムが造られましたが、 2002年にダムの撤去を求める要望がダムのある地域から熊本県に出されました。
2010年から本格的に撤去が決まり、2012年から撤去工事が始まっています。

◆2年前、2013年9月の荒瀬ダム
→ダム下流から上流を撮影。写真左部分、青いゲートが取り外されています。
Image4

ダム上流から下流を撮影
Image3

◆今回訪れた時(2015年9月21日)の荒瀬ダム
→ダム下流から上流を撮影。写真左部分、柱がなくなりました。

Image1_1

ダム上流から下流を撮影
Img_4653

撤去が進み、ダムの半分くらいがきれいになくなりました。
川の水は、たった数十分しか見ていないし、2年前の時は上流での工事や雨の影響もあったと思うのでわかりませんが、少なくともダムによる淀みはなくなったと思います。(ダムのゲートが閉じている時は、ダム上流はダム湖のようになっていたそうです。)

今回訪れた時は、コイらしき魚が泳ぐ姿が道路からも見えました。

工事の始まる前は、2015年春には撤去工事が終わる予想だったそうですが、今年の様子からするとまだ数年はかかりそうです。この規模のダムが取り壊されるのは、日本初だそうで、取り壊しの工事も手探りな部分もあるようです。

さっかーによると、荒瀬ダムの撤去が始まり川の水が流れるようになってから、今までなかった川原や瀬、淵ができるようになったとのこと。
運転しながら、「こんな石の川原、前はなかったなぁ」といろいろと教えてくれました。



55年間、荒瀬ダムが作ってきた電気、ダムによる大量の水の確保。地元の人から寄せられた振動や水害についての意見、調査や検討の後、荒瀬ダムは役割を終えました。
近くの道の駅坂本では、ダムに関する写真や情報展示が常におこなわれていますが、ダムができる前とは風景も様変わりしていました。55年前、ダムができてから、そしてダム撤去が始まってからの現在を知る方のお話をぜひ聴いてみたいところです。

こちらで荒瀬ダムの進捗状況が詳しく見られます。→http://www.arase-dam.jp
荒瀬ダムの爆破の様子がYouTubeで見られます。→https://www.youtube.com/watch?v=5WbN2U6qgaA
映画ダムネーションで出てくるような、外国の発破のスケールには負けますが(笑)、これもかなりの迫力です。

荒瀬ダムを見た後は、熊本市内の鹿島町湧水プールへ。
日没までは15分くらい。湧水プールはかなり冷たいですが、やはりついつい潜っちゃいます。綺麗すぎて、また2年前もそうでしたが当たり前のように鮎の泳ぐ水中には、ほんまにため息がでるほど感動します。



普段徳島の川で遊んでばかりですが、九州もすてきな川ばかりでした。
まだまだいい川がいっぱいあるんでしょうね。いろいろなところへ出かけてみたいと改めて思った旅でした。

4期えい





| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月12日 (月)

九州川めぐりの旅〜石木ダム編

秋ですね。
どうも、おけいはんです。
シルバーウィークを利用して、4期のえいちゃんと九州に行ってまいりました。

今回のお目当ては、“川”
ふだんは四国の川でしか遊ばないのですが、
九州もなかなか見所があると噂を聞き、足を運んでみることに。

まずは長崎県・佐世保に向かいます。
2期卒業生のコトコを訪ねました。
川ガキ同志の再会!懐かしい話に花が咲きます。



翌日、長崎県川棚町の石木川へ。
ここは今、石木ダム建設計画でゆれている場所です。

行ってみて驚きました。
なんてのどかでいいとこなんだ!
石木川って、本当に小さな川なんだなーということ。



石木ダム建設の理由をおおまかにあげると、
①佐世保市の水不足対策
②川棚川の治水対策のため

ということですが、
人口が減少している佐世保市の現状からして、水不足の計算が合わない。そして、川棚川(石木川はその支流にあたります)の治水対策は、堤防の補強で間に合う。
詳しくはこちら

最近は、この地でダム建設に伴う道路付け替え工事の阻止行動がおこっています。連日人が集まってると聞いていましたが、この日はお休み。人気はほとんどなく、のどかな風景がひろがっていました。



川の学校の舞台である四国・吉野川も、20数年前に可動堰建設計画がありました。
そのとき流域住民のテーマになったのは、「地域のことは、地域の人で決めましょう」ということ。



極論を言えば、流域住民が考え議論した結果、「ダムは必要だ」と決めるならそれもアリです。
ただ、吉野川の場合はそうならなかった。
実証実験に基づき検証をしたら、「可動堰を建設してまで、古くからある第十堰や自然環境を破壊するべきではない」という結論に至りました。そして徳島市民は「可動堰は必要ない」という民意を、住民投票という形を持って明らかにしたのです。

流域住民一人一人に問われていたのは、
「意思決定のプロセス」です。

石木ダムの件も、
「本当にこの地にダムが必要なのか」「ダム建設計画について、流域住民が十分な民主的なプロセスを経て、意思決定に至っているのか」ということに注目すると、問題の論点が明らかになってくるかと思います。



この小さな美しい川でおこっていることは、私たちの暮らしにもあてはまる普遍的なテーマではないでしょうか。




いつか、石木川のほたる祭りにも来たいなあ〜と思いつつ、この地を後にしました。

1期・おけいはん

(川めぐりの旅〜続く)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月22日 (火)

長良川DAY行ってきました

こんにちは!
9月5,6日に行われた岐阜の長良川DAY。保護者会のなおさんやくまさんに誘っていただいて、私も行ってきました。

岐阜の長良川の河口には、長良川河口堰があります。長良川DAYとは、長良川河口堰の建設に反対しているグループが主催している川遊びイベントです。
今年は川の学校の関係者20人くらいで遊びに行かせてもらいました!

まずラフティング!
雨続きで、長良川は水量が多いように見えました。長良川で活動している方がガイドをしてくれました。瀬がたくさんあり、落ちないように必死。




宿泊したバンガローの前にあるのは、長良川支流の粥川。
めちゃくちゃ冷たいですが、ものすごい透明!潜ると、アマゴもたくさん泳いでました。



夜は、向井先生のお話。
長良川に住む生き物や、長良川周辺の地域について詳しく説明してくださいました!
河口堰ができて、海と川を行き来する生き物が減ったそうです。例えば、アユやウナギなど。
また、ある地域に外来種がきて、その地域の生物多様性がゆたかになったと考えるのは間違いで、地球全体の生物の種類がふえたわけではなく、むしろその地域にしかいない生物が絶滅してしまうというリスクについての話もありました。



そして晩ごはんに作ってくださったのは、鮎雑炊としじみ汁!
長良川で採れたものをいただいて、贅沢なご飯と貴重な交流会。楽しい時間を過ごさせてもらいました!!









楽器のない中、即興の阿波おどりも。騒がしくってごめんなさい。
「人間の五感はどこまで研ぎすまされるのか 〜暗闇洞窟ツアー〜」に出かけた10人くらいのもの好きな大人も。

翌日はたっぷり寝た後、川ガキの聖地郡上八幡へ。
有名な吉田川を橋から眺めました。郡上八幡の川ガキの様子は、カメラマン村山嘉昭さんの『川ガキ』(飛鳥新社、Amazonはこちら) にもたくさん載ってます。癒されたい方は是非ご購入ください(^^)

というわけで、長良川と吉野川の川好きな人たちが交流できた二日間。長良川で感じたり学んだりさせてもらったことを通して、吉野川第十堰にも思いをはせる時間となりました。
改めて川の恵みに感謝と、全国にいる川の学校の仲間の存在を感じた二日間でもありました。車に乗せていただいた皆さま、ありがとうございました!
もちろん川の学校だけではないですが、川の学校卒業生やスタッフや保護者の皆さま、川や自然を好きな人たちが全国あちこちにいることが嬉しく、心強く思います。

長良川DAYは毎年行っているそうなので、興味のある方また来年行きましょう!こちらにも詳しく載っていますのでご覧ください!

4期 えい

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 7日 (火)

親ガッパの集まり

どうも、おけいはんです。
今日は七夕ですね。
だけど季節は梅雨真っ只中。
徳島は雨です。今年も天の川は見れないかなー。

さて、
この週末は、川の学校親ガッパの集まりに参加しました。

親ガッパとは、川ガキ保護者のこと。
川の学校をいろんな面でサポートしてくださっています。

1日目は総会&ピザパーティー
親ガッパの総会では、これまでの活動報告や意見交換を行いました。
そのあとは、親ガッパの作るはちゃめちゃ美味しいご飯を囲みます。



今回は、川の学校備品置き場を提供してくださっているOさんのご協力により、手作り石窯を使ってピザを焼きました。
Oさん。大変お世話になりました!



このピザがうまいのなんのって…もう最高。
ピサ生地も親ガッパ手作り。



かなり本格的な手作り石窯。



夜になると宴会モードに突入し、
いろんな話に花が咲きます。

子供たちは、畳の間で早めの就寝。
寝袋に潜り込んで、川の学校卒業生のお姉さんと、なにやらお話ししてました。



2日目は穴吹川で川遊び
小雨だったものの、水質は良好。
シュノーケルをつけて、水中を観察しながらみんなで川を流れました。
親ガッパは川遊び大好き、川ガキにも負けない遊びっぷりでした。



ある人たちは、瀬の流れ込みで鹿のツノを発見!
上流から流れてきたのか、頭部丸ごと水中にひっかかってました。
瀬の流れで格闘の末、立派なツノをゲットー!



そんなこんなで梅雨シーズンではありますが、
雨にも負けない川遊び集団は思う存分に穴吹川を堪能したのでありました。

さて、ここからはお知らせ
〜〜〜〜〜〜〜
本格的な真夏シーズンが目前に迫りました!
今年もやります、川の学校同窓会キャンプ。
8月末に、徳島県南部の海部川で開催予定。

近日中に詳細をお知らせします。
みんな今年も川で集まろう*\(^o^)/*

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月20日 (日)

早くホームページが見たいのはキミだけじゃない

あれはもう昨年、2012年のことです。
川の学校ホームページ喪失という突然のショックが吉野川界(?)を襲いました。

それからウンヶ月。
ようやくここまで来ました。

http://kawanogakko.jp/

覚えよう、簡単URL。
ローマ字でカワノガッコー、ドットジェーピー。
なんて覚えやすい!

早速クリックしたあなた、期待させてごめんなさい。
でも本当にもうすぐですから!
ラストスパートがんばりますから!
まだできてないんかい、っていう気持ちは心におさめて、深呼吸。
すってー、はいてーー。
「製作中」ページの写真の少年も、背中のスケボー少年みたいに遊びたかった。
けどできないから、深呼吸。
すってー、はいてーー、はいてーーー。
ライフイズグーッド。

ハイ、落ち着いたところでここからが大事なところ。
「川の学校ホームページ」が検索サイト(yahooやgoogleなんか)で引っかかるようになるには、
アクセス数やリンク数が関係するんだそうで。
いきなりホームページを開いて、名前で検索しても、
なかなか上位に出てこないっていうのは、なんとなく想像できるかと思います。


というオトナな事情もありまして、このブログでも宣伝させてもらった次第です。
みんな、本当にもうすぐできるから、制作中のページって分かってても
ちょいちょい見てくれると嬉しいです。
よろしくお願いします!!

しつこくっても言うよ!
あっちの川ガキも、こっちの川パパも、そっちの川ママも噂していた
新しい川の学校ホームページはコチラです。
そしてもうちょっと水切りして待っててください。

えい(4期生)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金)

明けましておめでとうございます

新年あけました!おめでとうございます!
4期のえいです。

皆さんどんな年越しでしたか?

ちなみに私は年末、風邪をこじらせて残念な感じで2012年が終わっていきました。
もうすっかり治ったけど、みんなも風邪には気をつけて。

徳島、吉野川の2013年はこんな感じです。
あいかわらず空がひーーーろい!
2013_2
 
昨年もお世話になりました。
今年も、今年だけじゃなくこれからも、
川の学校と川ガキと、それからスタッフも保護者会も、どうぞよろしくお願いします!
今年もいっぱい遊びましょう!


それから、川の学校ホームページはリニューアル中で今は見られないのですが、
今月中には見られるようになると思います^^
もうちょっと待っててねー。

もちろん川の学校13期も、あります!やります!
スタッフ募集ももうすぐ始まります!応募期間は、2013年2月1日から末日。
川に飛び込んじゃいたいけど迷ってるアナタ、
まだ時間はあるからしっかり考えておいてくださいね。

13期の子ども募集は、2013年4月から末日(たぶん)です◎
お兄ちゃんやお姉ちゃんが毎回あそび疲れて帰ってくるのを見てた弟・妹ちゃん、
友達が楽しそうだった・野田さんの本を読んだ・とりあえず行ってみたい君も、
待ってますよーーーーー!!!

そんな情報も新ホームページにちゃんと載せますから、
もうちょっと待っててな~。

ではでは、みんなが新しい気持ちでよい一年を迎えていることを祈ってます!
そして素敵な一年になりますように!

pencil4期生 えい

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月14日 (水)

野田校長の『川ガキ養成講座・川の学校』トーク

こんにちはー!
4期生のえいです。

この間、今年の川の学校、12期が無事に全キャンプ終了したそうです!

今年も31人の川ガキが世の中に放たれたというわけで、
卒業生の「川ガキ」はこれで360人を超えたというわけです。すごいなぁ~。
ということは、
川遊びの面白さにハマってもうた大人や保護者もきっと十数人、
いやもしかしたらもっといるわけで。
ええなぁ~楽しいなぁ~!
来年の同窓会やこれから吉野川で会えるのを楽しみにしています。

さてさて本題!
関東人の方なら覚えているかもしれない、
7月にあった野田さんのトークイベント+サイン会。
超都会・新宿の紀伊国屋で、『川ガキ養成講座 川の学校』出版記念
野田知佑校長と鹿熊勤さんが川の学校について話すイベントがありました。
すっかり前のイベントで申し訳ないのですが、
そのイベントがインターネットで配信されていて、誰でも見られるようになっていることに
偶然気がついたのでシェアします☆
川の学校の誕生から、川の学校での子ども達のようすや、
子ども時代に川で思いっきりあそんだ野田さんや鹿熊さんの思いがよく伝わってくる動画です。
ユーコンの話、子どもと親の関係の話、川の学校のスタッフの話、
川ガキのエピソードやその後の話、もりだくさんです。
生き物をとる、生き物を殺して食べるということ、
そういう体験がもつ意味を、お二人がとても重視してることが伝わってきます。
(ニコニコ動画「紀伊国屋書店チャンネル」)

動画は約40分間。
お楽しみくださいませ!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月25日 (土)

川の学校公式HPと川ガキブログについて

おはようございまーす。
同窓会の余韻が冷めやらぬ朝です。

同窓会をふりかえって。
楽しかった、でも、暑かったなー、でも
魚いっぱいいたなー、飛び込みしまくったなー、でも
水ぬるかったなー、気持ちよかったなー、でも
久しぶりにあの子に会えてしゃべれたなー、でもなんでもいいです。
何かしら持って帰ってもらえたでしょうか。

そうそう、小学~高校生の何人かからは、
「宿題、おわってないんよ…」という悲痛な叫びも聞きました。
みんなの大敵、宿題をやる時間を奪っちゃったんでしょうから(苦笑)、
思い出話くらいは語りつくせないほど持って帰ってくれてるといいなぁ。
なーんて思っています。

でもでも、ちょこっとだけみんなより長く生きているえいから言わせてもらうと、
きっと思い切り体動かした後は集中力が抜群に上がると思うのだよ。
というわけで、がんばれ。


さて、話は変わります。
川の学校公式ホームページが見られなくなっていること、
川ガキブログについて確認しておきたいことなどについてです。

★川の学校公式ホームページについて
「川の学校」公式ホームページは、数ヶ月前からアクセスできなくなっています。
えーと、いろいろ大人の事情がありまして、見られないんだそうです。
今、がんばって復旧作業中です。
もう少ししたら新しいホームページが見られるようになると思います。
実はホームページも、いろんな方が協力してくれて作ってくれているので、
気を長くして、川に一潜りか二潜りでもして、お待ちくださいね。


★川ガキブログについて
川ガキブログは、川の学校卒業生のブログです。
川の学校卒業生なら誰でも更新できる、吉野川や川の学校に関する情報を共有するところです。
今は、数人の卒業生有志が管理していますが、
その管理人も徐々に増やしていくつもりです。
あと、「川ガキブログにこんなの書いたから載せたい!」という方は、
1期たくや、1期おけいはん、2期ことこ、4期えい などに連絡するか、
このブログのコメント欄にその旨を書いてください。
ちなみに、絵でも、写真でも、文章でも、何でもオッケーです。


★スタッフのブログのご紹介
川の学校現役スタッフが、「川の学校ってこんなとこ」というブログを運営しています。
今年は、主に12期の情報になると思いますが、
キャンプのレポートを読めたり、みんなの大好きなスタッフたちの私生活もかいま見れちゃったりします。

そうそう、個人的には、保護者会のみなさんの超大作キャンプレポートが
本当にすごいのでおすすめです!
要チェックですよー。


「なんで公式HP見られないんだろう」、とパソコンの前で首をかしげたあなた。
ええ、私もです。
何度首をかしげたことか。
川の学校の情報に飢えそうになりましたら、
この川ガキブログ と 川の学校ってこんなとこ でも見て、うるおってください。
どうぞよろしくです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月13日 (月)

「第2回鮎喰川ひとりトライアスロン大会」byたくや

ハーイこんばんは。

こまめにブログチェックしてくれてる方々、ありがとうございますー。
最近もっぱら同窓会同窓会している川ガキブログ
行きたくても行けないよ、まだちょっと予定わからないよ、って方は
「なんだよ、ちょっとさみしいじゃんかよ」って思ってたでしょ。
そのつぶやき、聞こえちゃいました。

というわけで!
川ガキブログは、川ガキのその後も実はたまーに紹介してるんです。
さてさて。
今回は、1期生たくや(26歳)から近況報告。 

---

徳島市などを流れる鮎喰川で7月28日、「第2回鮎喰川ひとりトライアスロン大会」(ALT:Akui-River Lonely Triathloncup)が開かれ、参加者1人が炎天下の阿波路を激走した。大会は主催者の運動不足解消を目的に2011年に始まり、今年で2回目。

大会は同市住吉を出発し、四国霊場第4番札所大日寺(同市入田町)までの15キロを自転車で走行。川の学校同窓会が開かれる行者野までの5キロを走った地点で折り返し、大日寺の自転車までの5キロは鮎喰川を流れ、再び自転車でスタート地点まで戻る。コースの総延長約40キロ。

徳島地方気象台によると、この日の徳島市は最高気温が30度を超える真夏日。参加者が熱中症と見られる症状でふらついたり、偶然通りかかったTOECのスタッフに「こんな暑い日に走っているバカがいると思ったら君だった」と声をかけられたりする一幕もあった。

優勝した同市住吉の団体職員男性(26)は「川を流れる瞬間が至福の時。かと思いきや、鮎喰川は意外と流れておらず、必死で泳ぎ、川原を歩くハメになった。最後の自転車を前にした絶望感も味わいどころです」と話した。


pencilたくや
---

なんだか言葉にならないって?
ええ、たくやが充実した毎日を過ごしているようで、本当になによりですね☆


お話変わりますが、熱中症には本当に注意です。
お盆休み、夏休み、どうぞ体には気をつけてください。
もちろん同窓会でも、熱中症などみんなおたがいの体のこと、気づかいあってやりましょう!

お盆休みと言えば。
徳島市では12日から阿波踊りが始まったところ。
楽しいね。すてきだね。
夏は楽しいものたくさんですが、今週もちょいちょい更新していきますからね、
楽しい記事いっぱい(の予定)ですよー。
今後もチェックよろしく。

| コメント (0) | トラックバック (0)