« 10期 研修レポート 9 | トップページ | 10期 1回目 第十 »

2010年6月27日 (日)

10期 研修レポート 10

1期卒業生で5~8期スタッフのたくやです。
今年はキッチンスタッフをやります。よろしくです。

最後の研修は、6月5、6日の2日間、第十堰周辺とお堰の家でありました。

内容は、北岸で見釣り、高瀬で飛び込み、リール竿の使い方、エビ捕りなど、こ
れまでにやり残した遊びの研修。
やってくる子どもの確認、屋台村のメニュー決め、ライフジャケットをどうする
か、子どもの安全をどう見るかなどの話し合い。
何かあったときのための救命講習。など。

本番の1週間前ということもあって、話し合いがメインです。

川ガキのころは気付かなかったかもしれないけれど、スタッフは遊んでいるよう
で、子どもの安全をしっかり見ています。
飛び込みのとき、スタッフも飛び込んでいても、必ず他の誰かが岩の上いたり、
カヌーに乗っているとき、遠くに行っていたら、さりげなく話しかけながらつい
ていくスタッフがいたり。
子どもには気付かれないように、遊び場全体に目を光らせているんです。

そんな「子どもに気付かれない安全管理」をするには、スタッフの連携がとても
大切。
だからスタッフ達は5回の研修中、遊びまくり、じっくり話し合いをし、たまに
お酒を飲んでいるのです。
もちろん、高校生は飲んでないけれど、その輪の中に参加してくれます。

そうやってして、スタッフは子どもを迎える体制を整えて行きます。
今年のスタッフはなんと20人(ちちはは除く)。
研修中には「ほんとにみんなで連携がとれるのか。理解し合うことができるのか
」という不安もいっぱいだったけれど、
5回の研修を終えてきっちりと“スタートライン”に立つことが出来たと思いま
す。

あとは、本番。ここからは、子どもを迎えた10期川の学校の全体が、どう育っ
ていくか。
楽しみにしていてください。

« 10期 研修レポート 9 | トップページ | 10期 1回目 第十 »

第10期川の学校       」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1013933/35510587

この記事へのトラックバック一覧です: 10期 研修レポート 10:

« 10期 研修レポート 9 | トップページ | 10期 1回目 第十 »