第12期川の学校

2012年10月10日 (水)

第12期4回目(10/6-8)鮎喰川キャンプレポート

川の学校4回目は台風が去ったあとの鮎喰川。
水はめっちゃ綺麗で飛び込み岩の下まで行っても川底が見えたくらい!

昼前、1ヶ月ぶりに12期の子どもたちが川にやってきました。
集合時間より早く来た子供たちは早速冷たい川に入ってみんなの到着を待ちました。

みんなが集まるとテントをたてて美味しい昼ごはん。
飛び込みしたい!」「早く川入りたい!」寒さなんて関係なし!
ミーティングをしてそれぞれの遊びへ。

男の子は飛び込み挑戦したけどみんなびびってたね。
網を持ってひたすら魚をとる子ややっピーボートの取り合いで遊ぶ子。

一番高い飛び込み岩から飛び込む子も出て来て
みんな思う存分遊ん
だあとはドラム缶風呂で身体を温めるために
またまた戦いが繰り広
げられました。

「俺が先や!」「早く出てよ!」

晩ご飯のあとは森出さん、
林さんの夜話を聞いて長い夜をそれぞれ楽しみました。


2日目朝、
テントから出るともうビチョビチョに濡れたスタッフと子供たち。

朝の川が寒くても関係なし。仕掛けを回収してたみたい。
朝ごはんを食べて再び川へ。

ドラム缶風呂を沸かしながら飛び込みを見てたけどなかなか飛べな
子どもが数人。みんなに応援されて決死のジャンプ!

釣りと突きは大量やったみたい。
そしてお昼一番で堰下でガラ引きを体験。

今年は3回やってほとんど大量!
夕方にはカヌーレースをしてカヌー漕ぐ練習をしました。

夜はご飯を食べて野田校長と一緒に旅をされていた藤門さんの夜話
北海道に行きたくなったよー。


最終日、今日も朝から川に入ったスタッフがいたみたい。

鮎喰川で遊べる最後の自由時間、本部で遊ぶ子が多かったのが残念。
それでも川ガキ、
途中から着替えて川に入る子続出。

時間ギリギリまで遊び倒してお昼ご飯食べて片付けして解散。
もう川の学校も残り1回。しっかり遊び倒そう!

pencilはな(4期生・川の学校11・12期スタッフ)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月13日 (金)

第12期2回目キャンプ延期のお知らせ

第12期川ガキのみんなには、残念なお知らせです。

すでに12期のスタッフから連絡があったと思いますが、今週末のキャンプは延期します。
ニュースなどでも報道されているように、西日本では大雨が降っていて、
徳島県内の川も増水していて、とても遊べる状況ではないということで、延期の判断がされました。
とても残念だとは思うけど、自然のことなので仕方ないですね。
次回のキャンプを楽しみにしていてください!

これはキャンプ予定地近くの穴吹川の写真です。
普段の穴吹川とは、水量も、水の色も全く違います…。
いつもはもっと水が少なく、きれいなんですよー。
Img2012071200573_3

ちなみに。
これは去年かおととしに撮った、穴吹川の写真です。
川に入って撮ったものなので、比べにくいかもしれませんが_(._.)_
Anabuki_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

第12期第4回目研修(5/26-27)穴吹川レポート

今回は川の学校4期生のたいじゅがお送りします。

四回目スタッフ研修は四国一の清流穴吹川で行われました。
小畠家に集合し2tトラックと今にも廃車になりそうなボンゴに
道具を積み込みいざ穴吹川に出発。

キャンプ地に向かう途中穴吹川にかかっている橋を渡ると、
みんな一斉に「水キレー!!」なんて言ったって穴吹川ですから。

キャンプ地で今回初参加の保護者会キッチンスタッフのゆみさんらと合流。
到着すると目を見張るような川の前に現実逃避したくなるような階段。
でもこの階段をクリアしないことにはお昼ご飯が食べられないのでみんながんばります。

お昼を食べた後は、神社に御参りし白人の瀬に移動。
どんな遊びができるのかなどの下見と潜り、沈めあいなどの研修。
川を登りながらも魚を見ると取りたくなり、いつの間にか手掴みで魚を採っていました。
ぼくもクロオビもあさだも初めて魚を手掴みで採りました。
見た目は大人でもみんな川に入り魚を見ると子供へと変身。
これが川のよさなんです。

続いて淵に行き潜ってみると魚がいっぱい。
このすばらしさは潜ってみないと伝わらないのが残念。
遊んでばかりのようですが、これも研修のうち。
川の渡り方や淵では子供がいることを想定し、スタッフ同士で沈めあい。
急に沈められるとあせりましたが、いい体験をすることが出来ました。
ただ少し寒くてあまり川に長い間つかってないのが…

キャンプ地に戻ると、たー坊、はな、つっきーが合流。
晩御飯までにオキバリ、うなぎ筒を仕掛けます。
仕掛けに行く途中たー坊が待ちきれなかったのか着替えずに川にダイブ。
あせらなくても川は逃げませんよ。

美味しいご飯を食べた後は、子供たちにプレゼントするえび網作り。

その後、ロープワークや焚き火など
自分の苦手なことを得意なひとにアドバイスをもらいながら自主練習。

体調の優れないヒカルはテントへ。
焚き火が苦手だと言って三つも四つも小さな火を作ったり、
マシュマロを焼いて食べたり、焚き火をつなげようとしたり、
星を眺めながらお話したりして夜は更けていくのでした。

二日目朝はまず昨日仕掛けたオキバリをチェック。
しかし、夜のうちにヤッピーが掛かったうなぎを食べてしまったのか無念の坊主。

気を取り直して朝食後はははも参戦し白人の瀬で見釣り&釣り
少し魚のサイズは小さく、数が少ないけどヨシノボリなどがほぼ皆釣れました。
さくらは釣れなかったようでしたが、理由は簡単。
コンタクトを忘れて魚が全く見えていませんでした。忘れ物には気をつけましょう。

サブちゃんは大きなカマツカを踏んで手掴み。
そのカマツカはバケツの中で見釣りで釣られていました。

昼食までに獲った魚を料理。
すべて美味しくいただきました。

美味しい昼食を食べた後は、釣りと潜りに分かれて自分の苦手なことを練習。
みすずんは包丁で手を切って縫ったらしく
一日目は水につけるのを控えていましたが、
くま医師の診断により大丈夫だろうということで川に入りました。

潜り班にはバンダナを巻いたワニと黒メガネのワニが出たり、
練習しながらもしっかり楽しみました。

少し気温も上がり釣り班からすると潜り班はうらやましかったみたい。

遊び終わると着替えて撤収。予定時間の15分前に片付け終了。
やれば皆出来るんです。

現地で反省会。
はははや経験スタッフからは厳しい声があがりましたが、
本番までまだ少しですが時間があります。
本番まで修正できることは修正できるように各自がんばりましょう。

帰りの車の中では皆「アイスが食べたい」。
初日は25度だったのに対し二日目は27度まで上がっていました。
初日の潜る時に気温上がってほしかった。

一泊二日と短い期間でしたが、いい研修ができました。

残すところ研修もラスト一回
次回僕は参加できませんが中身の詰まった研修が出来るようにしましょう!!

pencilたいじゅ(4期卒業生、12期スタッフ)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月31日 (木)

第12期第3回目研修(5/3−6)吉野川・善入寺レポート

さぁ、いよいよ待ちに待ったゴールデンウィークの日になりました

しかしスタッフ達にゴールデンウィークはありません。
なぜなら、ゴールデンウィークならぬ吉野川ウィークがあるからです☆

そして、なんと今回はスタッフ研修兼11期同窓会というスペシャルキャンプなんです


5月3日、
小畠家で積み込みを終えたスタッフ達は早速、善入寺島へ出発(・∀・)ノ
キッチン、十角、テントを建てて、ご飯を食べて着替えれば準備完了。

午後からはカヌーツーリングへ→
橋下でやったカヌー渡りでは、ゴンちゃんがすごいバランス感覚で
一回も落ちずに端から端まで
最初にやったわたるは最後の最後で落ちちゃいました...

キャンプ地まで帰ると保護者会カメラマン方々が写真をパシャパシャ、
隣には遅れてやってきたかなけんが
夜にはムーミンもやって来て、スタッフもだんだんと揃ってまいりました。


5月4日、
さぁ、今日から11期生の同窓会です(●´∀`●)/
午前中は、各所の遊び場の下見へ行き、その後は受付の準備等々。
あっ
そうそう、忘れちゃいけないのがほとんどのスタッフを動員してやった水溜まり埋め
スコップで水溜まりを埋める砂を採っていたしゅうやは、
あっちゃんに「代わろうか?」と聞かれ、
「いや、実は砂運びよりこっちの方が楽なんだよね」と言いながら、
あっちゃんの持って来たバケツに砂を入れてました(笑)

まぁ、そんなこんなで子供達を迎える準備が完了
あとは、11期生が来るのを待つだけです☆

ムーミンが列車組の子供達を迎えに行っている間に、
自車組の子供達がだんだんと集まってまいりました!
つっきーは、必死に自分より小さい川ガキを探します(笑)
そうしているうちに、列車組の子達も到着
列車組の子達をずっと1人で見ていたえいは、少し疲れた顔...
でも、そんなのご飯を食べれば治るんです
保護者会の人達とキッチンの長ちえちゃんが作ってくれたご飯を食べて、
さぁ!川へ出発だぁヽ(´▽`)/
その前にテントを建てましょう

皆が着替え終わったらミーティング。
今日できる遊びは、カヌーツーリング、釣り、本部等々。
やりたい遊びに挙手
遊びが決まったら各々の遊び場に移動
川はちょっと冷たかったけど、みんな久しぶりの吉野川で楽しそうに遊んでおられました

当番の班は早めに帰って、夕食の用意を。
夕食を食べたらフリータイム
バナナ鬼ごっこや焚き火、トランプをして、みんな自由な時間を過ごしてました
夜更かしさん達は、3時近くまで焚き火の周りに座ってぺちゃくちゃ
明日、ちゃんと起きるんだぞぉー


5月5日、
11期同窓会2日目です
川ガキ達は、朝からめっちゃ元気ではしゃいでおります☆
ちょっとお腹空いてきたなぁ、と思ってきた頃に
当番班の「ご飯できたよー」という声が!
美味しいご飯を食べてエネルギー補給
さぁ、今日も遊ぶぞーヾ(*´∀`*)ノ゛

食器をかたずけて着替えたらミーティングへ。
今日は何して遊ぶ?
各自の遊びたい遊びに手を挙げたら、さぶちゃんが集計。
時間繋ぎのために、わたるに一発芸の命令が!
何をするのかと思いきや、手拍子を欲求、
そのままの勢いでヤッピーの名前を呼んでもらいヤッピーにバトンタッチ
ヤッピーも同じことを他の人に。もはや無限ループです(笑)
なんか、昨日もこんな感じのことがあった気がするんですが気のせいですかね(・・?)
そんなことをしてる間に集計完了。遊び場にLet's goε=┏( ・∇・)┛

今日もやっぱり川は冷たい
でも、川ガキ達は冷たい冷たいと叫びながら川に入って行きます(´`)

午後からの遊びは少し短かったですね
何故なら、それは屋台村があったからなんです
11期同窓会の屋台村メニューは、
お好み焼き、うどん、焼きビーフン、からあげ&ポテト揚げ揚げ、
そば米汁&おにぎり、フルーツポンチ&バームクーヘン、ドーナツ&わらびもちです
どれも全部美味しかったですねぇ
特に、一番長く時間のかかったバームクーヘンは格別でした(´∀`)

お腹がいっぱいになって、自分の班が使った物をかたずけたらフリータイム
夜には、何故か突然‘はないちもんめ’が開始
ですが、普通の‘はないちもんめ’ではありません。
異常な程の体力と大声、そして団結力が必要になる国際競技級の‘はないちもんめ’なんです
みんな、こんな疲れる‘はないちもんめ’はやったことないと言ってましたが、誰もが楽しそうに笑ってました


5月6日、
長く思えた二泊三日もあっという間に過ぎて、遂に最終日です(><)
さぁ、同窓会最後の遊び、何して遊びましょうか

遊び場に移動してる途中からだんだん雲行きが怪しくなり、
着いてからしばらくすると、ぱらぱらと雨が降ってきてしまいました
でも、これぐらいの雨ならへっちゃらです
ちゃっかり、昼ご飯の時間になるまで遊びました( ̄―+ ̄)

昼ご飯を食べたら、テントをかたずけて帰る準備。
最後に、集まって話をしたら、川ガキ達は現地解散です。

自車組の川ガキも帰ってしまったら、スタッフ達は撤収開始。
3日前に出した荷物達をかたずけていきます
全てかたずけたら、2㌧の前で記念撮影
お堰の家で振り返り、反省をし、小畠家で積み降ろしをしたら、
いよいよスタッフ達ともお別れ(。・ω・。)
しほは、こうゆう時いつも泣いてしまうらしく、泣きながら、
いろんな人とハグをして別れを惜しんでました。
さぁ、これで第三回スタッフ研修を終わります...お疲れ様でした!!!


最後まで読んでいただき、ありがとうございますm(__)m
pencilつっきー(高校生スタッフ)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

第12期2回目研修(4/21・4/22)レポート

スタッフをやりはじめて3年目、1期卒業生わたるです。
今年はBC(バックスタッフチーフ)、ようするに備品隊長として参加させてもらいます。
よろしくお願いします!

研修2回目という事で1回目とは違い鮎喰川で実際にキャンプしながら遊びを覚えていきます。 思えば10期で初めてスタッフで参加し覚える事が多くてんやわんやだったのを覚えています。 それが今や教える側になってしまいました。今だにてんやわんやです(笑)余談でした。

小畠家で積み込みをし、川ガキにはいつもの鮎喰川で十角やマーキーテントを建て自分達が寝るムーンライトテントを建てます。
風で飛ばないように土嚢を作って前回勉強したロープワークを駆使し結んでいきます。
昼食を食べ、実際にフィールドに出て鮎喰川はこんなところでどんな遊びができるかを皆で考えながら上流から下流まで見ていきます。途中、飛び込みができる岩で研修中では珍しくスタッフ全員が飛び込むという事があったり。
カヌーと潜りに分かれて練習した際には、わたくし、なんと(先ほども言いましたが)教える側に立ちました。
しかし、思ってる事を言葉にするというのは私にとって鮎喰川の一番高い飛び込みで回転しながら飛び込むくらい難しい事でして。 私は感覚で生きてる人間だとつくづく感じました。

夜はクラフト
拾ってきた竹をのこぎりや竹ひきで切り鉈で割るとはどんな感じかを掴みます。
しかし、竹は虫に喰われて切れば切るほど虫の食べカスが出てきてこの竹でクラフトをする気は起きず、更には何かの幼虫まで出てくる始末。

この日は天気は最悪でした。
テントで寝ようとすると強風で何度もテントごと体が浮き起こされる。というのを繰り返し、翌日には雨が降るという…
二日目は5回のキャンプで唯一、鮎喰川で出来るガラガラをしたのですが人数と時期によるものなのか、不漁も不漁。本番を楽しみにしましょう。
投げ釣りを始めた頃には雨が振り出し、昼ごはんを食べる前に撤収。マーキーを駐車場に上げ、そこでロープワークの復習を昼ごはんができるまでずっとしていました。

昼ごはんを食べたら撤収なんですがここで事件発生。
持ってきた時よりカヌーが1艇足りない!? という事で堰の下まで探しに行き、一人旅をしていた白色スラローム艇、「DRAGONFRY」君を救出。夜の風がどれだけ凄かったのかを物語っています。

わたくし、二度とこの様な事がないように備品隊長として精進していきます。いや、ハプニングはあったほうがおもしろいかな?

次は3回目の研修!11期の最終回兼同窓会!川ガキが来るぞ~

pencilわたる(1期卒業生、10~12期スタッフ)

---
写真は後ほどアップします。お楽しみに(◎´∀`)ノ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

第12期1回目研修(4/14・15)レポート

いよいよ始まった、12期。今年は大きな変化の年。
川ガキのパパママによる、保護者会なるものが設立され、キャンプをサポートしてくれるんです!新しいことが始まる、そんなワクワクする今期も、ゆかいなスタッフたちがお堰の家に集まってきた。


自己紹介と、たつろうさんによる川の学校の話を聞いて、腹ごしらえ。
お腹いっぱいになったら、第十堰を実際に見に、あやしげな集団はゾロゾロ移動。
まだ水は冷たいでしょうに、"ワッキー"は、二人がかりでお尻からじわじわと水につけられて、嬉しそう。

日が暮れ始めたら、ロープワークとランタンのつけ方の講習。
そしてその横では、料理が始まっていました。
そう、保護者会のサポートの一つは、キッチン。
キャンプ中は、一スタッフとして、シェフやカメラマンに変身してくれるんです。
ミシュラン5つ星を目標にかかげる親父たちは、"ちえちゃん"の下での修行が始まったのでした。

暗くなってからのエビ取りで、"ター坊"が誰よりもテトラにヘバりついていたのを、わたしは見逃してませんよ。

満足するまでとったら、お堰で懇談会の始まり。
顔がお酒と楽しさで赤くなる人もチラホラ。楽しい夜はふけていき、気づけば夜中の1時。いつもよりも、イキビや寝言が多い気がしたのは、気のせいかしら。


2日目の朝。
眠たい目をこすりながら朝ごはんを食べて、神山へ出発!午前中は、みんなで釣り。
自称釣りマスターの"やっピー"に仕掛けの作り方を教えてもらったら、グループにわかれてスタート。最初に釣れたのは、"サブちゃん"
"つっきー"
は、歓声もあげずに、ひっそりと釣れた喜びを感じてましたネ。
釣りでは満足しきれなかったのか、コンクリートにへばりついて見釣りをしているのは、"あさだ"釣れなくても楽しいなぁ~~。

お昼ご飯を済ませて、みんなリラックスタイム。
スタンドアップボートに魅了された"みすずん"は、一人こぎだしていきました。
そして、お決まりのようにキレイに沈した瞬間、戦いの幕が上がったのです。
まだ寒い4月の川に、入る気なんてないわ、なんていう人も、気づけば川の中。
沈められたときの"ター坊"の笑顔は、素敵でした。

みんなの興奮もおさまったところで、午後からは、さっき釣った魚のさばき方&揚げ方伝授と、カヌーの練習。遊びのレパートリーが増えていくねぇ。

撤収して、お堰での振り返りは、みんな眠たそう。

好きなジブリ作品の名前とともに、それぞれ反省点だったり、楽しかったことを話していきます。一人一人、ただ遊びなんかを覚えているように見えても、自分の中ではちゃんと、考えながらやってるんだなぁ。さすがです。

スタッフがこれから、どんな風に覚醒して、どんな楽しい12期になっていくのか楽しみな、期待させてくれた一回目の研修。これからの展開に、目が離せません。

pencil あき(高校生スタッフ)

---
写真は後ほどアップしますー!

| コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

12年目の川ガキ、集まれ!

こんばんは、4期生のえいですよー。

スタッフやお手伝いしてくれた人たちが、第12期川の学校のパンフレットを仕分けしたり、発送したりしてくれました!

お堰に集まったのは、
はは、くろおび、むーみん、ちえちゃん、
吉野川シンポ(川の学校を主催している団体)の北岡さん、あきパパ、
誰かの川ガキママ(お名前わからずすみません…)などなど。
ほかにも、川ガキ家族がお手伝いに来てくれたようです。
ご協力ありがとうございます!

ちなみに今年から、保護者会(仮)なるものができました!
キャンプの後の片付け、キャンプ中のキッチン(みんなのご飯を作ったり、買いだししたり)などを
手伝いたい!という川ガキパパ&ママたちが中心になってくれています。
ほんまありがたいですー。

保護者会のことも、また載せますね。
もちろん、時間がなくてお手伝いには行けないけど、、、というパパママの皆さんにも
なにか発信していければと思っていますヽ(´▽`)/

Image Photo

写真は、ちえちゃんから提供してもらいました!ありがとうちえちゃん♪
今年のパンフレットは、黄土色なんやね。
渋くていいですねぇ( ´・ω・`)

おそらく、徳島県内の公立小中学校(小5~中3)のクラスには配られると思われます!
お楽しみに!!

もちろん徳島県外からの参加もOKです!!
だいたいですが、毎年参加者の割合は、
(徳島県内):(県外)=5:5くらいなので、県外の方も心配せず応募してくださいね。

第12期川の学校参加者の応募は、2012年4月10日からです!
(10日になっても、川の学校HP「川ガキ応募」のページがまだ見られない場合があります。
 ちょっとコーヒーでも淹れて(?)、HPの準備ができるまでお待ちくださいm(__)m)

| コメント (0) | トラックバック (0)